お口の健康に役立つ『就寝前の歯磨きと起床時のうがい』

お口の健康に役立つ『就寝前の歯磨きと起床時のうがい』

お口の中の状態は夜寝ている時に悪くなると言われると、少し驚かれるかもしれませんね。
普通に考えると、寝ている時には何も飲んだり食べたりしていないのに、なぜ悪くなるのかが分からないと思います。

その理由には、「だ液」が大きく関わっています。
以前にも、このブログでお話ししたことがありますが、だ液にはたくさんの重要な役割があり、そのひとつにお口の中を健康に保つ働きがあります。
だ液でお口の中が潤っていると、歯や歯ぐきの表面を保護して、細菌も減少させるため、お口の状態を良い状態に保つことが出来ます。

ところが、夜寝ている時は、体は余り活動していないため、だ液の分泌も減少してしまいます。
おまけに口を開けて口呼吸をしている状態で寝ていると、さらに口の中はカラカラに乾いてしまいます。
この状態では、お口の中のバイ菌が増えてしまい、また歯や歯ぐきの表面を保護する役目のだ液も少くなっているため、虫歯や歯周病が進行するリスクがあります。
朝起きた時に口臭が気になる、口の中がヒリヒリ乾いた感じがある、などの自覚症状がある人は、特に要注意です。

では、具体的にどういう所に注意すれば良いのかを、次にお話ししたいと思います。
まず、歯磨きについてご説明します。
寝ている時に菌が増えやすくなり、お口の不調が出てきますので、寝る前には必ず歯磨きをして下さい。
寝る前に少しでもバイ菌を減らして、お口の中をスッキリさせておく事で、だ液が少なくてもお口の中の状態を悪くしないようにすることが出来ます。
眠いから早く寝たい、お酒を飲んだから面倒などの理由で、歯磨きされない方がたまにおられますが、寝る前は一番大事なタイミングになりますので、一番丁寧に時間をかけて歯磨きして下さいね。
もし、1日1回しか歯磨きをされない方でしたら、その1回は朝起きた時ではなく、夜寝る前にされることをお勧めします。

また、もうひとつお口のケアで大切なことがあります。
それは、朝一番の「うがい」です。
朝起きた時は、お口の中はバイ菌が増えている環境になっていますので、まず洗面所で一度お口の中をしっかりゆすいで、バイ菌を外に出すことが大切です。
寝ている間にけっこう汗をかいていますので、口をゆすいだ後に、コップ一杯の水を飲むと、より体にやさしいと思います。

寝る前の歯磨きと起きてすぐのうがいの習慣が、お口の体の健康に役立ちます。

今日も良かった。

池田市・豊中市で歯医者をお探しの方は石井歯科医院にご相談ください。
虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・ミラクルデンチャーなどの治療に対応しております。
〒563-0032 大阪府池田市石橋3-6-1 ヴィラ・リーセント101
石橋駅より徒歩5分の歯医者です。
TEL:072-760-4618
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-19:00(土曜日は14:30-17:30 )
定休日:水曜日・日曜日
駐車場有
ページトップへ