石井歯科 症例集

石井歯科 症例集

セラミック インレー

患者様は21才の女性の方で、歯が欠けたということで慌てて来院されました。 以前に保険のプラスチックの詰め物が入っており、その隙間から虫歯になって欠けてしまった状態でした。 治療に際して相談した結果、見た目も良く、適合も良い セラミックのインレー(詰め物)で治すことになりました。


  • 虫歯で欠けた状態です

  • セラミックのインレーを詰めた状態です。

赤い印は、高さをチェックするためのマーキングの跡です。

治療後は、ハミガキの後にご自分の歯を鏡でチェックしたりと、ご自身の歯に関する意識が高まったと感謝されました。

オールセラミック

患者様は47才女性の方で、左下の歯が欠けたために、来院されました。
古い金属の詰め物があり、その外側から虫歯になってしまい、歯が欠けてしまった状態でした。

患者様のご希望として、今度は金属は絶対に嫌だという気持ちをふまえて、治療を行いました。

幸い歯の神経は保存できる状態でしたので、形を整えてオールセラミックの冠せを入れました。


  • 歯が欠けた状態です

  • オールセラミックの冠せを入れた状態です。

歯もつるつるして気持ちが良く、ハミガキの時に口を開けたときに、金属の詰め物が無い、白い歯になって嬉しいとのご感想をいただきました。

オールセラミック

患者様は68才女性の方で、右上の冠せが取れたために当院に治療に来られました。 患者様はこれまでも、他の歯にセラミック冠を入れておられましたが、セラミックの中の金属の部分で歯茎が黒く変色することがあったとのことで、今回は金属を一切使用していないオールセラミックの冠せを入れられました。


  • 被せる前の写真です

  • 中央が被せたオールセラミックです。

色調や透明感なども自然な感じでまた、歯茎との境目も全く目立たず、喜んでいただきました。
ちなみに、左の方の奥歯はセラミック冠ですが、その歯と比べても審美的だと感謝されました。

ページトップへ