噛みしめで歯を失わないために

噛みしめで歯を失わないために

2018年01月31日

以前のブログ記事はこちらから

今週に入り何十年ぶりかの寒波の到来で、今週から急激に冷え込んでいます。風邪をひかれている方も多いのではないでしょうか?

私の医院の患者さんもご家族やご自身が風邪(インフルエンザを含む)をひかれてキャンセルされる方が凄く多いです。先週が暖かかっただけにこの気温で体調をくずした方が増えているのではと思います。

風邪は万病のもとです。私自身も風邪をひかないようにうがい、手洗い鼻洗いの3つを毎日出来るだけ行うようにしています。

ところで私の医院は歯周病治療にも力をいれています。お蔭さまで歯のお掃除で定期的に来院してくださる患者さんが大変多く、土曜日や平日の18時以降は特に混んでいて3か月先でしか約束を取れない時もあります。

歯のお掃除にはかかる時間は1回約1時間です。内容は歯茎の検査、歯石取りだけでなく、歯茎の時間的状況変化を診ていくために口の中の写真を撮ったり、顕微鏡で歯の汚れの中にいる菌叢を見たり、噛みしめがあって状態が悪くはなっていないか又前回来院日から今日までの状況を伺ったり、虫歯がないかを先生に診てもらいます。

菌叢が悪い人は説明して対応したり、噛みしめがある人は説明して状況を確認させていただいて噛み筋肉をゆるめたりもします。その内容は人によって、その時の状態によって行っている内容が違いますが一般的に歯のお掃除にかかる時間(30分だと言われています。)時間より長く取らせていただいているのですが60分があっという間に過ぎてしまうのです。

口の中のお写真も撮らせていただいているお蔭で状態や時間変化に気づきやすく、説明もしっかりできるのでありがたいなあと感じています。

寒くなると噛みしめが強くなる方が本当に多いです。ご自身でも判断できる状態としては、歯茎に押し下げられたような跡ができていたり、歯茎にコブのような硬いものがあったり、口の中の頬に口のところまで続く横線が入っていたりもします。一度鏡で見てみください。

噛みしめている時間が長かったり、強すぎたりすると歯周病と同じように歯茎が炎症をおこし、歯茎の隙間が深くなったり、歯が浮いて噛めなくなったり、ひどい人になると歯茎が膿んで腫れます。

歯もだんだんと弱り欠けたり詰め物が取れたり、歯にヒビが入ったり、最悪歯が割れたり、折れたりします。

こうなってしまうと、殆どは歯がもう使えませんので歯を抜くしかないのです。そのままにしたくても痛みがでて抜く事を選択されています。噛みしめで歯を失わないためにはこの5つのステップ、3つの知ると2つの行動が必要です。

1 自分が噛みしめをしているのか、いないのかを知ること
2 いつ、どんな時にしているのかを気にかけて知ること
3 舌の筋肉や口の周囲の筋肉が落ちていないかを確認して状態を知る
4 あいうべ体操などのトレーニングをして筋肉をつける。
5 舌を上に挙げて唇を合わせた時に口角の位置(ちょうど口の半分の位置)で合わせて閉じる。
下唇で上唇を押し上げないで閉じているかが大切です。下唇が押し上げて口角より鼻に近づくと、上下の歯を合わせてしまいます。

私の噛みしめ歴は長く14年以上にもなり歯が揺れるほどでした。首や肩、ひどい時は片頭痛に悩まされていて顎関節症にもなっていました。
私は今やっと5つのステップの5段階目に入っています。

ここまできたお蔭でこの寒さでも首、肩、片頭痛だけでなく、顎関節症に悩まされる事は激減しました。先日私の医院の衛生士に歯の揺れを確認してもらったところ揺れも殆ど治まってきていました。

医学は日進月歩です。これからも勉強を進めて、一人でも多くの人の健康に役立てるようにしていきたいと思っています。

池田市・豊中市で歯医者をお探しの方は石井歯科院にご相談ください。
虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・ミラクルデンチャーなどの治療に対応しております。

〒563-0032 大阪府池田市石橋3-6-1 ヴィラ・リーセント101
石橋駅より徒歩5分の歯医者です。

TEL:072-760-4618
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-19:00(土曜日は14:30-17:30 )
定休日:水曜日・日曜日
駐車場有

清潔な入れ歯のための正しいお手入れ

2018年01月24日

僕は入れ歯治療にこだわっており、患者さんのお口の状態、希望などに応じて、その方に合った入れ歯を作成しています。
このため、歯が無くなって困っておられる方や入れ歯で悩んでおられる方などが、かなり来院されて日々対応している状態です。

そんな中で、患者さんから良く聞かれる質問のひとつが「入れ歯のお手入れ」に関するものです。
入れ歯を毎日使っていて、意外にご存知ないのがお手入れのやり方のようです。

まず、そもそもなぜ入れ歯をキレイにしておかないといけないのかというと、「汚れ」というのは単なる食べカスが残っているのではなく、細菌がそこに何億という単位で存在しているのが問題なのです。
この細菌のために、単に見た目に汚いというだけではなく、入れ歯の表面がヌルッとぬめってきて、悪臭の元ともなります。
さらに、入れ歯に接している歯が虫歯になったり、歯茎が腫れたりする原因にもなります。
このため、入れ歯はお口や全身の健康のためにも、キレイにしておくのが良いですネ。

では、具体的な手順を今からご説明します。
まず最初に、入れ歯を外されたら、水道水を少し流しながら汚れを洗い流して下さい。
この際には、指か柔らかめのハブラシを使うようにしてください。
硬めのハブラシやハミガキ粉を使うと、入れ歯を傷つけてしまいます。
ポイントとしては、表面のヌルッとしたヌメリを取って、キレイな面を出すことです。
ヌメリは細菌のバイオフィルムなので、これを取り切ることが大切です。

水洗いをした後は、水を入れた容器に入れ歯を保管して下さい。
入れ歯洗浄剤を入れておくことで、汚れや細菌がつきにくくなります。
最近は、入れ歯の表面をコーティングする事で、汚れや細菌がつきにくくする事も出来るようになってきました。

容器から取り出してお口にはめる場合は、一度水で良くすすいでから入れて下さい。
この際に、容器の水は一度捨てて、新しく入れ替えて下さい。

清潔な入れ歯は、見た目が良いだけではなく、ご自身のお口や体の健康を守ります。
正しいお手入れで、毎日気持ち良く過ごしたいですね。

今日も良かった。

池田市・豊中市で歯医者をお探しの方は石井歯科院にご相談ください。
虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・ミラクルデンチャーなどの治療に対応しております。

〒563-0032 大阪府池田市石橋3-6-1 ヴィラ・リーセント101
石橋駅より徒歩5分の歯医者です。

TEL:072-760-4618
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-19:00(土曜日は14:30-17:30 )
定休日:水曜日・日曜日
駐車場有

摂食嚥下と生活の質の関係

2018年01月19日

以前のブログ記事はこちらから

このところ寒い日が多いですがお風邪ひかれていませんか?私は元気にお仕事をさせていただいています。
仕事だけでなく趣味も楽しむことができて幸せです。趣味と言えば私はサザンオールスターズとスターダストレヴュがすきです。
昨年生まれて初めて桑田さんのコンサートに行きました。
主人がバルコニー席しか取れなかったと言っていたのですが、私は大満足でノリノリで夢の時間を過ごせて幸せでした。
今月は主人と二人で映画スターウオーズを観に行こうかと思っていますので、前作をDVDで予習してから行くつもりです。
来月はIDC新聞にも書いたのですがガラポンで特別賞で吉本新喜劇のペアーチケットを当てたので行きます。

ところでこの前の日曜日に衛生士学校時代の同級生3人とランチに行きました。3人とも仕事を続けているためか、若いころと違い恋話でもなく、子供の話でもなく、仕事の話で花が咲きました。

私の友人2人は病院や施設などに行く訪問診療に行く衛生士をしております。なので病院や施設での老人の現況報告から発展して今抱える問題点に話が及びました。

患者さんが摂食嚥下がしっかり出来るかどうかで生活の質が天国と地獄ぐらい大きい差がでるのです。食事を口から摂るのか胃に直接流し込むのかと言われると分かりますよね。一度胃に直接流し込む選択をすると口から食べたいと言っても殆ど戻すことができないのが現状だからです。

口から食べないと口の中は汚れないと思うかも知れませんが使わないことで唾液も減少等で逆に菌だらけの口の中になります。こうなってしまうとしゃべりにくくなることもあり、生活の質が大きく低下してしまうのです。

ご飯を召しあがったり、お話などが出来ている間に(機能が落ちきる前に)しっかり見つけて訓練などで良い方向に導かなくてはという結論に
なりました。結論がでると友人同士なので話が早い。どうして行くかを考え帰宅中も帰宅後もラインで連絡を取りつつ、摂食嚥下訓練を行うセミナー教材等探し始め勉強していく方法などが決まりました。摂食嚥下の診断からの訓練を行っている所がまだ少ないので一人でも多くの人をカバーできる体制をとり、口から食事を取れない人を増やさないようにしたいです。

一人での勉強としては4月に健康管理指導士の段階?試験があるため、毎日勉強をしています。勉強していると当たり前の事が本当に大切なんだと感じます。
人の体は防御機能があるので、機能をしっかり働かせるようにしないと病気(大病)になってしまいます。
この機能が働きにくい状況はどうしてできるのかを考えると、生活習慣、食習慣、運動不足など悪い生活の送り方を続けていることにつながります。
小寒大寒を乗り切るためにもメリハリのある生活を送ることの大切さを感じながら勉強をしています。

池田市・豊中市で歯医者をお探しの方は石井歯科院にご相談ください。
虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・ミラクルデンチャーなどの治療に対応しております。

〒563-0032 大阪府池田市石橋3-6-1 ヴィラ・リーセント101
石橋駅より徒歩5分の歯医者です。

TEL:072-760-4618
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-19:00(土曜日は14:30-17:30 )
定休日:水曜日・日曜日
駐車場有

風邪・お口の病気の予防に効果あり!『お口の体操』

2018年01月14日

今年初めてのブログとなります。今年もよろしくお願いいたします。

寒い日が続きますが、皆さん体調は大丈夫でしょうか?
当院の患者さんの中にも、風邪やインフルエンザで体調をくずしてしまい行けなくなったとのキャンセルのご連絡がこのところあります。

予防には、まず基本としてうがいや手洗いは大切ですが、それ以外にも当院で患者さんに指導している手軽でかつ効果的な予防法があります。

その方法とは「あいうべ体操」です。
九州の内科医の今井一彰先生が考案された体操です。
特別な器具や材料など一切必要なく、やろうと思えばいつでもどこでもすることが可能です。
小さなお子さんからお年寄りの方まで、どなたでも気軽にすることが出来ます。

では、実際のやり方をご紹介します。
読みながら、実際にやっていただけると嬉しいです。

1.「あー」と口を大きく開く
2.「いー」と口を大きく横に広げる
3.「うー」と口を前に突き出す
4.「べー」と舌を突き出して、下に伸ばす

コツとしては、声は余り出さなくて良いのですが、一つひとつの口の動きを出来るだけ大きくすることが大切です。
最後の「べー」は出来るだけ舌を伸ばした方が効果的です。

1日30回を目安に、気軽に初めていただけたらと思います。
お風呂に入っている時にされるのもおススメです。
あごに痛みのある場合は、「いーうー」でもOKです。

簡単なお口の体操ですが、その効果は大きいです。
これを続けることで、呼吸が口呼吸から鼻呼吸へと改善していきます。

では、鼻呼吸がなぜ良いのでしょうか?
空気中には、ホコリや細菌、ウイルス、花粉など、様々な異物や病原菌が混じっています。
それらを呼吸によって空気と一緒に吸い込んでしまいますが、鼻呼吸の場合は、鼻毛や鼻の粘膜の線毛などにからめ取られ、さらにノドの方に進むと免疫組織の扁桃リンパ組織がブロックしてくれます。
つまり、鼻は病気から私たちの身を守ってくれる優れた「天然のマスク」なのです。

これにより、風邪やインフルエンザなどを予防することが出来るのはもちろんですが、それだけではなく口呼吸により引き起こされる可能性がある歯周病、虫歯、口臭、口内炎などのお口の病気の予防にもつながります。
さらに今井先生によりますと、口呼吸をしていると口の中が乾燥して、だ液の分泌が減り、脳への酸素や血液の供給も悪くなり、体にストレスを与えることになります。
このストレスが、自律神経のバランスを乱して、アトピー、喘息、花粉症などのアレルギーの引き金にもなります。
逆に、「あいうべ体操」で、鼻呼吸に改善すると、自律神経のバランスが良くなり、体の免疫力が高まり、病気の改善につながります。

費用もかからず、いつでもどこでも出来るこの「あいうべ体操」で、快適な日々を過ごせると良いですね。

今日も良かった。

池田市・豊中市で歯医者をお探しの方は石井歯科院にご相談ください。
虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・ミラクルデンチャーなどの治療に対応しております。

〒563-0032 大阪府池田市石橋3-6-1 ヴィラ・リーセント101
石橋駅より徒歩5分の歯医者です。

TEL:072-760-4618
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-19:00(土曜日は14:30-17:30 )
定休日:水曜日・日曜日
駐車場有

新年あけましておめでとうございます

2018年01月11日

以前のブログ記事はこちらから

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。昨年から引き続き楽しい一年になりそうな出だしとなりました。

昨年末に勉強会があり院長と二人で参加させていただきました。
その勉強会のレクリエーションでジャンケン大会があり、一人一つお土産を用意して持って行ったのが景品となります。
主催者の先生とみんなでジャンケンして先生に勝った人から選ぶのですが、
複数人いた場合勝者同士ジャンケンして勝った人が選ぶという方法です。
勝者一人以外は又他の人同様に先生とジャンケンして勝った人一人を選んでいくのを繰り返します。
実はその時一抜けをしたのが院長で、欲しかった物をGETしていました。
参加者が出した景品の中で2名の方は後日郵送するという事でシークレットギフトでした。
私は院長がGETした物以外でしたらシークレットギフトが欲しいと思っておりましたので、
ジャンケンはなかなか勝てませんでしたが希望が叶ってシークレットギフトを選べたことが嬉しかったです。
来年どんな景品が届くのだろうとワクワクしておりましたら、仕事始め早々に景品が届きました。
「てんてんスイーツ」豪華なスイーツセットでした。大当たりです。
勉強会も充実していた上に景品も豪華でこの会を企画運営して下った先生、
並びに参加して盛り上げてくださった方々のお蔭で充実した時間を持つことができ感謝感謝です。

噛みしめについて

ところで今年の仕事初めは1月5日でしたが毎年、年末と年初めは救急患者さんが多いです。
救急患者さんの多くは①歯茎が腫れて痛みがあり、食べれない。又は②歯が浮いて物が食べれないです。

予約制ですので当日の診察はお待ちいただいて診させていただく事になります。
①も②もどちらの方も複数の原因が絡んだ結果だと考えられるのですが原因の一つは共通しているように思われます。
それは「噛みしめ」です。噛みしめと聞くと歯にぐーと力を入れて噛むことだと思っておられる方が多いのではないでしょうか?
しかし上下の歯が軽く接触していても噛みしめがあると診断します。

ではベストの状態とは「上下の歯はどこも接触していない」事をいいます。
この事を患者さんに説明しても最初はピンとこないような感じだったり、歯が合わせているのが当たり前だと思っている方ほど頑張って開けていないといけないの?と釈然としない感じの方が多いです。昔から口を開けているのは良くないと言われて育った方が多いですし、今も口が開いているのは口呼吸の素で開いててはいけないと言われているので口を閉じる=歯を合わせて閉じると思われている方が多いのです。

石井歯科ではまず患者さんの今の状態の写真を撮った資料と検査結果を合わせて説明させていただきます。
説明しても半信半疑だとは思いますので体感していただくために口の開け閉めに関係している筋肉等の緊張をチェックした上でこの筋肉を緩めます。

緩めた後再度筋肉の緊張をチェックして施術前と施術後の違いを体感していただいています。
口の中の感じだけでなく周囲の筋肉も変わります。

それでやっと自分は噛みしめていたんだと気づかれます。
肩こりだと思っていたがひょっとしたら噛みしめが原因だったのかな?おっしゃられる方もいらっしゃいます。

ただ残念な事に気づいても時間が経つと忘れてしまういます。私としては噛みしめが原因で歯周病が進んだり、歯が欠けたり最悪は歯が割れて抜かなくてはいけなくなる事を防ぎたいと思っています。一生懸命磨いてもらっていても実際これが原因で歯がなくなっていく方を見ていると残念でなりません。一人でも多くの人にまずは認識してもらえいたいと願っています。噛みしめを治すための一歩、まずは自分の状態を知る!」です。

まずは日常生活の中で口の中がどのような状態になっているか意識して確認してみてくださいね。

池田市・豊中市で歯医者をお探しの方は石井歯科院にご相談ください。
虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・ミラクルデンチャーなどの治療に対応しております。

〒563-0032 大阪府池田市石橋3-6-1 ヴィラ・リーセント101
石橋駅より徒歩5分の歯医者です。

TEL:072-760-4618
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-19:00(土曜日は14:30-17:30 )
定休日:水曜日・日曜日
駐車場有

ページトップへ